こどもの非認知能力を鍛える【vol.44】

learning

おはようございます。

金持ち母さん 子育て父さんを目指し、大物になることを夢見る★

国家資格キャリアコンサルタント元さや3児のランナーママASUKAです(*´艸`*)

今日は昨日実施した、こども達が自分の力で考える場所の提供の内容と効果をお話します。

こどもの非認知能力

皆さんは非認知能力をご存じでしょうか?

「非認知能力」には、大きく2つの力があります。まず、自尊心、自己肯定感、自立心、自制心、自信などの「自分に関する力」。そして、一般的には社会性と呼ばれる、協調性、共感する力、思いやり、社交性、良いか悪いかを知る道徳性などの「人と関わる力」です。

遠藤利彦 (東京大学大学院教授 発達心理学)

非認知能力の中で私が注目しているのは、自立心自制心自信です。

具体的に言いますと、自分で決めたことは最後までやり遂げる

この力を大人になるまでに育てて欲しい思いがあります。

その背景には、経験の格差があると思ってます。

更にその理由を語ってしまうといくら時間があっても足りないのでこの辺で。

小さなことでも良いので、自分でやり遂げたいことを決めて、失敗してもチャレンジし続ける。

それが実った時の嬉しさや喜びを自信に変えて欲しい。

そんなたくましいこども達になって欲しいと思ってます。

具体的な方法は?

では、どんなことをしたのか。

昨日は小学4年生の女の子3名で実施。

まずは自分が好きなこと、やりたいこと、いつかやってみたいこと を文字でも絵でもいいから沢山書き出す作業を実施しました。時間にして45分。

その間、こどもは意図しない方向へことを進めてしまうので、目的を問いかけながら作業を進めてもらう。なるべく私語は慎む。集中の時間です。

結果、3名ともイラストで表現していて、書いてる途中で終了となりました。

効果

長女にどうだった?(←質問がざっくり過ぎますね(;´・ω・))と聞くと

もう少し時間が欲しかった。でも集中して書き出せた。

と言ってくれました。イラストも上手にかけてましたし。

私の反省として、まずは文字でやりたいことをつらつら書き出す時間にすればよかったと思ってます。

その中で1つやりたいことを選んで次回イラスト化する。

今後、絵を描くこともイメージする力として作業の中で入れるつもりでしたがちょっと早かったな…と後悔してます。まずは、文字にして書き出す作業を習慣化してほしかったので…

次回の教訓にします!!

今日はここまで!!

この話は来週も実施していきます(*´艸`*)その時は、またブログに書き留めますね♡

今日もお付き合いありがとうございました★いってらっしゃい♡ASUKAでした♡

ーーーーーーーーーーー♡ASUKA♡ーーーーーーーーーーー

ASUKAの過去のブログ記事はこちら水曜&土曜更新!

ASUKAのstand FMはこちらASUKAラジオ平日毎日配信!!

ASUKAのX(旧twitter)はこちら

ASUKAのinstagramはこちら※我が家の子供達の成長記録

new✨ASUKAのThreadsこちら

コメント