スタメンに入れるか…?【vol.36】

家族story

おはようございます!!

金持ち母さん 子育て父さんを目指し、大物になることを夢見る★

国家資格キャリアコンサルタント元さや3児のランナーママASUKAです(*´艸`*)

今日は水曜日!!ブログ更新しますよー(*’ω’*)

ママトーーーク♡

昨日は、久々にランチに行ってきました!!

今回はキャリア戦略カレッジで知り合った、たんぬちゃんと♡

たんぬちゃんも育休中で、他にもwakuwakuのタネ(ボランティア活動)をされています。

そして、今回はnotionの活用方法と、

wordpressの使い方、HPの作成等のお仕事のお話を伺ってきました。

歴代のキャリア戦略カレッジの皆さんを見ても活力に溢れていて、本当に頭が上がりません。

自己実現をされている方の話はとても刺激的で、私も頑張らなきゃ!!と背中を押されます。

notionやwordpressのご依頼やご相談があればお気軽にお声掛けください!!

今度、コラボで何かやりたいね!!と夢を語らいました♡

スタメンに入れるか…?

今日は、長女のお話です。

運動部に所属する保護者さんなら誰もが経験するドキドキではないでしょうか?

今回は6年生が最後の大会。長女は4年生なので試合に出られても1回か2回かな

そう思いながら大会会場へ足を運びました。

1試合目は2Q目に出場。

2試合目は2Q目と4Q目で途中交代退場。

3試合目は2Q目に出場。

結果はスタメンとは言えない出場率

監督・コーチのケガ(頚椎分離症)の配慮もあるけど、それでも同級生は1試合の中で3回出ている子もいる。そう考えると、主力メンバーではないな…と感じ取れました。

それに、プレーもガムシャラさが足りないな…と。

親は歯がゆいところです。

こんな時、親はどうしたら良いのか?

もっとこうじゃない?もっとここが出来たんじゃない?

あれこれ言いたくなります。

でも、子供はもっと悔しい思いをしています。

そんな時は、お疲れ様。よく頑張ったね!!

これに尽きる。

親がガミガミ言わなくても、子供は十分振り返りをしてます。

それに、監督コーチから沢山アドバイスや指導を受けてます。

そこで、親からもガミガミ言われたらお子さんの味方はどこにいるのでしょうか?

やりたいことがコートの中で出来なくて、

それ以前にコートに立てなくて一番悔しい思いをしています。

だから、親は温かく見守る。そして、子供達の気持ちを受け止める

そうやって子供の気持ちを汲み、味方になり、子供達に自信をもたせる

これは、親しかできないこと。

親も我慢の時なんだなぁ~とつくづく感じています。

stand fmXでもお話してますので良かったらお聴き下さい。

子供もバスケを通して成長してますが、併せて親も学び考え成長しなくてはならない

子育てこそマネジメント力が不可欠です。

また、気付きがありましたら発信しますね★★★

今日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。

ASUKAでした(*´艸`*)

ASUKAの過去のブログ記事はこちら水曜&土曜更新!

ASUKAのstand FMはこちらASUKAラジオ平日毎日配信!!

ASUKAのX(旧twitter)はこちら

ASUKAのinstagramはこちら※我が家の子供達の成長記録

new✨ASUKAのThreadsこちら

コメント

  1. さくら友蔵 より:

    次男が中三の時に、
    総体競泳の400mフリーリレーのメンバーに選ばれ、県大会新記録で優勝し全国中学校体育大会に出場!
    また、次男がメンバーに選ばれていない400mメドレーリレーの種目でも標準記録を突破し全国中学校体育大会へ!

    400mメドレーリレーは表彰台への期待がかかっていたのに予選敗退、、、
    次の日の400mフリーリレーのメンバーに入っていた次男の代わりに1年の後輩がメンバー交代で出場し、結果は全国2位!!

    スポーツの世界では、よくあることだろうけど、
    次男の気持ちを考えると親としては、やるせない気持ちだったことは今でも思う。
    そういう経験が人生の糧となればいいのかも知れないですね。

    スタメンに選ばれるように頑張っている長女さんを応援しています。

    • ASUKA ASUKA より:

      さくら友蔵さん
      いつも、応援ありがとうございます。
      確かに結果を出せるにこしたことはありません。
      しかし、人生の中で見るとそこは通過点に過ぎない。
      私の人生を振り返ると、幼少期はメンタルが弱くて
      ここぞという時にチャンスを逃してました。
      でも、その悔しさがあるから今がある。
      バドミントンで結果が出せなかったからマラソンを頑張れた。
      人生は続いてます。
      子も親も悔しいけど、必ず糧にしてくれる。
      私は彼女を信じてます。
      そして、いつかその気持ちが彼女に届くことを願ってます。
      親子で頑張りますね!!