ボランティア活動って得があるのか!?

こんにちはー❕❕朝夕が寒くなってきましたね💦

今年も残すところ2か月。皆さんはやり残したことはありませんか❓

私は、職場の上司に誘われて初めてボランティア活動に参加してきました😊

一昔前までは・・・

  • ボランティアってお金にならないじゃん❕
  • 人のために時間を費やしてる余裕はない❕

そんな冷たいことしか考えられませんでした😢

年を重ねたせいか、今は無償でも人の役に立ちたい❕

そんな気持ちを抱くお年頃のようです😊💗

前置きが長くなりましたが、活動を経て得たものお伝えします。

  1. 人脈が広がった
  2. 人生の先輩方からあらゆる知恵を教えてもらった
  3. 無償の活動でしか得られない達成感を味わえた
  4. お母さま方のお手製昼食をご馳走になった
  5. 同じ志の仲間と過ごすことで心が温まった
  6. 活動が終わった後はなぜか清々しい気持ちになった
  7. 作り物の完成が楽しみ

ざっくりの説明ですがこんな感じです💦

なぜボランティア活動をするかと言うと、社会の役に立ちたいと思うがあります。

それは会社ではなく、一人の人間として社会に認めてほしい気持ちから生まれると思います。

そして、今回参加したボランティア活動のメンバーはほぼ60歳を過ぎた方々でした。

お金はないが時間をかけて作り物をするスタンスでしたね。

完成したものが地域の方々の目に届き、すごい❕きれいだね❕来年も見たいね❕

そのような言葉から、また来年も頑張ろう❕もっといいものを見せてあげよう❕

スタッフのやりがいや、生きがいになってることを肌で感じました。

私は、時間を作ってでもまたボランティア活動に参加したいと思ってます。

皆さんも、ボランティア活動に参加したり、時間がなければ募金寄附に賛同すると

同じ気持ちを味わうことができると思います❕❕

Let‘s Challenge!!

コメント

  1. つよぽん より:

    令和元年、台風19号により市内を流れる川が氾濫し、床上床下浸水され被害にあった方々のために、災害ボランティア活動したことがあります。
    得はないけれど、徳はあるのかもしれませんね。
    今は献血ぐらい、、、
    これからもボランティア活動頑張って下さい。

    • ASUKA あすか より:

      コメントありがとうございます!
      徳❕❕おっしゃる通りですね☺献血だってボランティアの1つです❕❕
      活動した後の清々しさ、癖になります。
      子供たちと一緒に参加できるボランティアに取り組んでまいります❕